Creative Works

家ナカ

CLIENT 東京急行電鉄 東急ベル
TYPE Web 紙
CREATIVE エリアマーケティング/コンテンツ/クリエイティブ

課題

東急線沿線にお住いの顧客に、家事代行サービスなどおうちの中のお困りごとを解決するサービスの認知を拡大したいとご依頼いただいた案件です。未来の顧客と継続的に接点を持ち、活気ある街づくりに不可欠な、若年層の沿線居住を促進する必要性を感じていらっしゃいました。

アプローチ

ターゲットである30~60代の沿線にお住いの女性に向けたフリーペーパーを提案。駅ラックなどに設置するほか、東急ストアECサイトや家事代行サービスの利用者には直接自宅にお届けし、認知拡大を図ります。 特集テーマは、東急線ユーザーの上質な暮らしにマッチする、ヘルスケアや食などの内容で展開。独自の取材をもとにした記事で、記事のオリジナリティを高めています。著名人インタビューや資産運用に関する連載など、読者の興味関心に合わせたコンテンツを提供しています。 また、サービスを読み物とすることで、顧客の頭の片隅に「東急ベル」がインプットされる仕掛けにしました。

結果

沿線にお住いの方と同社との身近な接点として役割を果たしています。サービスに関する新規顧客からの問い合わせが毎月あるとうかがっています。

担当者より

毎号読者アンケートを実施しており、読者からの声がダイレクトに届くのが非常に励みになりました。表紙のビジュアルや特集の内容によって、お客様からの反響も変わるので、試行錯誤しながらの企画に多くの反響をいただいたときはうれしかったです。時には厳しいお言葉もいただきましたが、女性ならではの体の不調に関する特集をした際には、アンケートで「ちょうど悩んでいたので、今号は保存版です」というお声をいただいたときは、人の心を動かし、行動につながる情報を発信できているだという実感が持てました。